Categotry Archives: 性に関して

偶然にまかせて

だから彼とは誰もまともに付き合おうとし 「私、こういうの読んだんだけど」というアプロ‐Iチ。「私、こういう人なんだけど」というアプローチ。「私って、とにかく健康第一の人なのね。だから毎日走ってるし、セックスはセイフ・セックスなの」彼はそう?あるいは菅っでない?教育を受けた男性ならばセイフ・セックスについて知っているだろうと思ってしまう女性彼は予防について調べるよりも、カフカを読んでいるほうがいいのかもしれません。あるいはムードが盛り上がって絡み合っている最中に、ふっとその予防のことを思い出しても、は、相手の〃コンドームーQ″を調べるのをつい忘れてしまいます。これは問題です。偶然にまかせてしまうという人もいるでしょう。ですから、あなたからコンドームの話題を持ち出すか、コンドームを実際に取り出すことによってコントロールしましょう。もしあなたがシャイなら、前もってどんなセリフなら言えるかを考えておきます。次のようなセリフはどうでしょうか?「ちょっと決まり悪いけど、予防のこと話し合いたいんだ」「あなたがコンドームをもっているなら、もっとリラックスできるわ」「どんなセイフ・セックスにするか決めようよ」「あなたのコンドーム?それとも私のにする?」「どこにあるの?そうじゃなくて、コンドームのことよ」男性たちよ、女性があなたの財布や引き出しの中をX線のように見通すことができると思ってはいけません。だから、女性に、あなたといても安全なのか、あるいは、いま買い置きがないのかを知らせましょう。

出典:

性的な関係

あるいは、女性は男性の意図について、あまりよくわからないのかもしれません。相手を刺激したくないし、正直に話をして相手の行動を制限することをあまり快く思わない女性もいるでしょう。とくに自分がひかれている相手に対しては、なかなか強く言えません。しかし、耳で聞こえること、つまり会話だけに頼っていると、率直に話さないかぎり、デートの相手がどんなふうに理解しているのか、まったくわかりません。これが問題なのです。しかし性的な誤解というのは、そのほとんどが取り返しがつきます。そしてこのもっとも繊細な領域で、あなたがブレーキをかけたいならば、〃コミュニケーション〃がその手段になるのです。これはよい一夏lスではないでしょうか。ふたりが性的な関係になろうとなるまいと、誤解のないよう伝え合うことが肝要です。あなたの目的は、相手を攻撃したり逆にあやまるのではなく、あなたの限界をハッキリ述べることです。あなたがもっともこころよい言い方を選びましょう。「ブルース、あなたが好きよ・でも今夜は、キッチンのテーブルで手をつないでいるだけにしましょうね」愛という名のもとに止める。「ブリッジ、お互いにもっとよく知るまでは、深い関係にはなれないよ」「もう少し時間をかけて、それでどうなるか見てみましょうよ」ちょっとだけよ、あるいは・・・…「軽く抱き合ったり、さわり合ったりするのはいいの。でもそれ以上はだめよ」・ 「マッサージはいいね、でもセックスはしたノ、ない」ふたりで話し合おう。

出典:

性的なサインを誤解

彼女はブルースをもっとよく知りたかったし、自分が彼に本当にひかれているかどうかを見極めたかったからです。そして彼女はブルースに言いました。「新しいカプチーノ・メーカーを買ったので、試してみたいの。カプチーノはいかが?」。文字どおりの意味しかありませんでした。しかし、ブルースはエレンに対して、すでに十分に気はあったものの、彼女が彼の財布を取り出してコンドームがあるかどうかをチェックするほどの素振りは示さなかったので、ホッとしたのです。デートのあいだ中、性的なサインを誤解してしまうというのは、よくあることです。これは、男と女のどちらが悪い、という問題ではありません。しかし男性も女性も、もう少ししっかりと向き合うほうがいい。ふたりが交わした会話だけに頼ってシーツのあいだに溶け込んでしまうというようなことは、控えたほうがいいでしょう。ブルースのように、男性というのは性々にして、無邪気な振る舞いや会話でも〃性的な誘いだ〃と解釈します。それは、そう思いたいからでもあり、女性はハッキリ返事をしないものだ、と心から信じているからでもあります。たとえば、ある大学の調査では、男性の別%が、女性の「ノー」は本当に「ノー」なのだということを信じていませんでした。さて、女性の側から言うと、言ったことは文字どおり解釈してほしいと望んでいるようです(「カプチーノはカプチーノであって、カプチーノを飲もうと言ったからといって、朝食までいてもいいわよ、ということではない」。

参考:出会いアプリ