だから彼とは誰もまともに付き合おうとし 「私、こういうの読んだんだけど」というアプロ‐Iチ。「私、こういう人なんだけど」というアプローチ。「私って、とにかく健康第一の人なのね。だから毎日走ってるし、セックスはセイフ・セックスなの」彼はそう?あるいは菅っでない?教育を受けた男性ならばセイフ・セックスについて知っているだろうと思ってしまう女性彼は予防について調べるよりも、カフカを読んでいるほうがいいのかもしれません。あるいはムードが盛り上がって絡み合っている最中に、ふっとその予防のことを思い出しても、は、相手の〃コンドームーQ″を調べるのをつい忘れてしまいます。これは問題です。偶然にまかせてしまうという人もいるでしょう。ですから、あなたからコンドームの話題を持ち出すか、コンドームを実際に取り出すことによってコントロールしましょう。もしあなたがシャイなら、前もってどんなセリフなら言えるかを考えておきます。次のようなセリフはどうでしょうか?「ちょっと決まり悪いけど、予防のこと話し合いたいんだ」「あなたがコンドームをもっているなら、もっとリラックスできるわ」「どんなセイフ・セックスにするか決めようよ」「あなたのコンドーム?それとも私のにする?」「どこにあるの?そうじゃなくて、コンドームのことよ」男性たちよ、女性があなたの財布や引き出しの中をX線のように見通すことができると思ってはいけません。だから、女性に、あなたといても安全なのか、あるいは、いま買い置きがないのかを知らせましょう。

出典: