彼女はブルースをもっとよく知りたかったし、自分が彼に本当にひかれているかどうかを見極めたかったからです。そして彼女はブルースに言いました。「新しいカプチーノ・メーカーを買ったので、試してみたいの。カプチーノはいかが?」。文字どおりの意味しかありませんでした。しかし、ブルースはエレンに対して、すでに十分に気はあったものの、彼女が彼の財布を取り出してコンドームがあるかどうかをチェックするほどの素振りは示さなかったので、ホッとしたのです。デートのあいだ中、性的なサインを誤解してしまうというのは、よくあることです。これは、男と女のどちらが悪い、という問題ではありません。しかし男性も女性も、もう少ししっかりと向き合うほうがいい。ふたりが交わした会話だけに頼ってシーツのあいだに溶け込んでしまうというようなことは、控えたほうがいいでしょう。ブルースのように、男性というのは性々にして、無邪気な振る舞いや会話でも〃性的な誘いだ〃と解釈します。それは、そう思いたいからでもあり、女性はハッキリ返事をしないものだ、と心から信じているからでもあります。たとえば、ある大学の調査では、男性の別%が、女性の「ノー」は本当に「ノー」なのだということを信じていませんでした。さて、女性の側から言うと、言ったことは文字どおり解釈してほしいと望んでいるようです(「カプチーノはカプチーノであって、カプチーノを飲もうと言ったからといって、朝食までいてもいいわよ、ということではない」。

参考:出会いアプリ